移住をするという選択肢もあります!

Emigrate

移住をするという選択肢もあります!

静岡県の中で移住が多いのは富士市?!

富士市の人口は過去10 年間で減少傾向にありますが、移住数は年々増え続けています。2019 年には、富士市に移住してきた人は102 人と、100 人をはじめて超えました。また、移住先人気ランキングでは、静岡県が2019 年に3 位を獲得し、5 年連続で上位5 位をキープしています。なぜ移住先に選ばれるのでしょうか?それは、次のような理由が挙げられます。

1

温暖な気候で過ごしやすい

静岡県は太平洋側気候の恩恵を受け冬でも比較的温かく、全県域に渡って暮らしやすいエリアです。世界遺産に登録された富士山を始めとして、自然と文化が大切に残されている場所でもあります。お茶やミカンなどや桜エビ、しらす、鰻や干物といった名産品も多数あり、サッカーや野球などのスポーツも盛んで、風土と気候に恵まれた住みやすい地域として知られています。

温暖な気候で過ごしやすい

2

便利なアクセス

都心と比較すると、静岡県は比較的生活コストを抑えることができ、かつ首都圏・関西圏の中間に位置しているため、新幹線や東名高速道路などを利用して、行きたいときに都会に出かけられるという交通事情の良さから、幅広い年齢層に選ばれています。

便利なアクセス

3

充実した補助金制度

富士市では、最大で200 万円の補助を受けられるスミドキU-40 プラス(富士市若者世帯定住支援奨励金交付制度)や、移住に関する不安相談や、情報交換、仲間づくりなどができる各種イベントを通じて、移住後の満足度向上を目指す市の移住定住応援企画など様々な制度が用意されています。

充実した補助金制度

静岡県へ移住のすゝめ

エコリノは、静岡移住を考えてらっしゃる方の物件紹介、リフォーム・リノベーションのお手伝いをさせていただきます。遠方のための不安や心配を少しでも解決できるようサポートいたします。静岡には都会とはまた違う豊かさがあります。ぜひお気軽にお問い合わせください。

<このような方はぜひお声がけください>

  • 都心の会社に勤務しているけど、静岡で住まいを確保し、テレワークを検討中
  • 都市部に住んでいるけど、静岡で終の棲家を持ち、セカンドライフを豊かに暮らしたい
  • 遠方なので施工中の様子が見れず心配
  • 首都圏、名古屋圏の住宅会社に相談しているけど、サポートに満足していない
  • 忙しいので静岡に足を運ぶことがなかなかできない

補助金を活用して移住しよう!

移住に関する富士市、沼津市、三島市の補助金の制度をご紹介します。
様々な補助金を利用して、自分の好きな場所に移住して理想の暮らしを手に入れましょう!

テレワーク移住アシスト
(富士市先導的テレワーク移住者支援補助金)

東京圏(東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県)在住の人でテレワークの実施をきっかけに富士市へ転入した方への補助金

対象者:
●令和2 年8 月1 日以降に本市に転入をした方であって、転入日の前日まで1年以上継続して東京圏に居住していたこと
●補助金の交付を受けた日から1年を超えて市内に定住する意思があること
●東京圏に存する企業等に在職している被雇用人であって、現にテレワークで勤務していること
●東京圏において事業活動を行う個人事業主であって、現にテレワークで事業活動を実施していること
●市町村税及び特別区税を滞納していないこと
●申請者の属する世帯の世帯員がいずれも過去に本補助金及び他の同種の補助金の交付を受けていないこと。ただし、富士市若者世帯定住支援奨励金(スミドキU-40 プラス)との併用はできます。

補助金額
・住宅取得費用:建物の取得費(土地購入代を含まない)、リフォーム費(中古住宅又は中古マンションの場合)
・住宅賃借費用:賃料(2 か月分)、敷金、礼金、共益費、仲介手数料
・引越費用 :引越費(引越業者又は運送業者に支払った費用に限る)
本補助金では、補助対象経費を最大50 万円まで補助します。(千円未満切捨)

詳細はコチラ▼
https://www.city.fuji.shizuoka.jp/sp/kurashi/c0308/rn2ola000002na0s.html

スミドキU-40 プラス
(富士市若者世帯定住支援奨励金交付制度)

人口減少の著しい世代の市外からの転入を促進するため、若者世帯を対象に、住宅取得に係る費用に対して助成を行います。

対象者:
●計画申請時に市外に1 年以上居住している世帯
●計画申請時において、夫婦のいずれかが満40 歳未満の若者世帯、または世帯主が満40歳未満で小学生以下の子がおり、新たに多世代同居・近居するひとり親世帯
●住宅を新築または購入する方(中古を含む)で、10 年以上富士市に定住すること
●市税(市県民税、固定資産税、都市計画税、国民健康保険税、軽自動車税など)を滞納していない方(多世代同居・近居する方も含む世帯員全員)
●同様の補助を受けていないこと

補助金額
・住宅取得(新築・購入):50 万円
・市内業者での新築施工:30 万円
・多世代同居・近居 :20 万円
・小学生までの子がいる世帯:1 人(3 人上限)×10 万円
・東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県からの移住:60 万円
・居住誘導区域内:10 万円

詳細はコチラ▼
https://www.city.fuji.shizuoka.jp/sp/kurashi/c0306/u40plus.html

沼津市移住
就業支援金制度

平成31 年4 月1 日以降に東京圏から沼津市へ移住し、静岡県のマッチングサイトを通じて就職し、又は静岡県が実施する支援事業を受けて起業した方に支援金を交付します。

対象者:
●直近10 年間のうち、通算5 年以上、東京23 区に在住していた方、又は東京圏(条件不利地域を除く)に在住しながら東京23 区に通勤していた方
●移住する直前に、連続して1 年以上、東京23 区に在住していた方、又は東京圏(条件不利地域を除く)に在住しながら東京23 区への通勤をしていた方

補助金額
・2 人以上の世帯での移住の場合:100 万円
・単身での移住の場合:60 万円

詳細はコチラ▼
https://www.city.numazu.shizuoka.jp/shisei/iju/index.htm

住むなら三島移住
サポート事業

若い世帯の良好な居住環境の形成を図り、三島市への移住・定住を促進するため、市内に住宅を取得し、転入した若い世帯に対し補助金を交付します。

対象者:
●住宅の工事請負契約または売買契約をした後に転入した者(夫婦どちらも転入者であること)。※三島市移住・就業支援補助金の交付決定を受けている場合には、転入後1年以内に住宅の工事請負契約または売買契約をした方も対象となります。
●三島市への転入日の前日まで1年以上三島市の住民基本台帳に記録されていなかった者。
●若い夫婦等であること。(ア~イのいずれかに該当する方)
ア 入居日において、いずれかが満40 歳未満の夫婦
イ 入居日において、いずれかが満46 歳未満の夫婦で、中学生以下の子と同居している者。
ウ 入居日において、満46 歳未満で中学生以下の子どもと同居する親。
●取得した住宅に入居し、定住(5年以上居住)すること。
●本補助金及び失効前の住むなら三島移住サポート事業費補助金交付要綱(平成28 年3 月25 日制定)に基づく補助金の交付を受けていない者。
●県内の他市町から転入した者の場合は、申請者または配偶者の父母のうちいずれかが三島市の住民基本台帳に記録されている者。

補助金額
・県外から転入をした若い夫婦等:100 万円
・県外から転入をした若い夫婦等:50 万円
・県内の他市町から転入をした若い夫婦等:25 万円
*同居する中学生以下の子どもがいる場合、1人につき2万円の上乗せ(上限6万円)

詳細はコチラ▼
https://www.city.mishima.shizuoka.jp/ipn035874.html

様々な補助金を利用して、自分の好きな場所に移住して理想の暮らしを手に入れましょう!